立会証人について

立会証人とは、遺言書を公正証書にするときに必要な証人のことで、成年二人に同行してもらう必要があります。
未成年者や推定相続人、確定相続人の配偶者および、直系血族や受遺者、受遺者の配偶者および直系血族は、立会証人になることは出来ません。
そのため、信頼できる親しい友人や夫婦、司法書士や税理士、弁護士などに依頼しましょう。
また、公証役場でも有料で立会人の紹介をしてくれます。

公正証書遺言は、形式不備による無効になることがなく確実で、原本が公証役場で半永久的に保管されるので、偽装や紛失の心配がありません。
また、自筆証書遺言と違って家庭裁判所の検認が不要なので、死亡後すぐに遺言書の内容の実現が出来ます。
文字が掛けなくても、公証人役場で口述することでも遺言は出来ます。

ただ、立会人が二人必要になりますし、費用がかかってきます。
費用は遺言書で指定する財産の価格によって、手数料が違ってきます。
手間をかけて安心して保管するなら遺言公正証書がお勧めですし、手間をかけずに簡単に作るなら自筆の遺言書がお勧めです。
遺言者自身が負担をするか、遺された人に負担をかけるかで違いがありますが、確実な遺言を残すなら手間がかかっても遺言公正証書の方が揉め事が少なくなります。

 

Filed under: 未分類 — バラ 6:25 AM

公証人手数料とは

公正証書というのは、法律の専門家である公証人と呼ばれる特別な公務員が、公証人法や民法などの法律の規定にしたがって作成する公文書のことです。公文書としての高い証明力が認められていますので、一般には遺言書、金銭貸借の契約書、任意後見契約の契約書などを作成する際に用いられることが多いといえます。
特に、遺言者が亡くなった後のみずからの財産を誰に、どのように承継させるかを、生前に指示しておく遺言書については、法律上かなり厳密な様式が定まっており、法律上の要件を満たさないものは、せっかく遺言書を作成したとしても無効になってしまいます。
公正証書の形式で遺言書を作成する場合、遺言者が語った内容を、公証人が正確に、法律上の様式に則って、文書として取りまとめることになるため、後で無効になるおそれは少ないといえます。
この公正証書の作成にあたっては、所定の公証人手数料が必要となりますが、これは公証人手数料令という政令で金額が決まっているため、値段交渉で割引になるようなものではありません。
基本的に遺言の目的である財産がいくらかによって公証人手数料の金額が定められており、例えば財産が100万円以下であれば手数料は5,000円ですが、財産が1億円以下であれば手数料は43,000円という具合で、財産の額が大きくなるほど手数料も割高になっています。

Filed under: 未分類 — バラ 6:25 AM

手続きの煩雑さ

遺産相続や遺言書作成、または土地などの登記など、様々な手続きは手間や時間などもかかり、かなり難しくなっています。
専門的な知識がないと無理なことが多いため、一般的には士業である弁護士や司法書士、税理士、行政書士などに依頼することが主になります。

例えば、遺産相続となると何かと揉め事になりがちですし、大変複雑な手続きが必要となります。
被相続人が死亡してから7日以内に。死亡者の住所地の市区町村役場の戸籍係に死亡届を提出します。
その後、被相続人が遺言書を残しているかを確認し、ある場合は被相続人の最後の住所地を管轄している家庭裁判所に遺言の検認手続きの申し立てをして、家庭裁判所で開封する必要があります。

遺言書がない場合は、相続人間どうして遺産分割協議を行い、財産よりも負債が多いときには相続放棄、または限定承認をします。
ただ、相続放棄や限定承認は相続の開始を知ってから3か月以内に家庭裁判所に申し立てなければなりません。

また、相続人は相続開始を知った時から4か月以内に、相続人の連盟で被相続人のその年の1月1日から相続発生日までの所得について、所得税の申告も必要となります。
事業などを行っていると、大変手続きが煩雑となるので専門家に依頼した方がよいです。
相続だけでも、かなりの手続きが必要ですから、やはり士業関連の人に頼んだ方がスムーズに進みます。

Filed under: 未分類 — バラ 6:25 AM

デメリットについて

弁護士や税理士、司法書士など士業といわれている職業にも、勿論デメリットがあります。
個人で開業している場合、収入が不安定ですし将来的にも不安要素が高いです。
安定した顧客がいれば別になりますが、新規にはじめた場合はかなり厳しいのが現実です。

また、全て自己責任になるので、ミスなどを起こしてしまうと自分が責任を取る必要があります。
更に組織に入っていないために、誰かが助けてくれるということもありません。
会社に勤めているわけではないので、保障がないために怪我などをしたときには収入面で困ります。
何処かの事務所に所属すれば別ですが、個人だと福利厚生も難しいです。

そのため、安定した収入があって福利厚生もきちんとしているなら、サラリーマンや会社に所属した方がよいです。
自営業になるため、精神的にも肉体的にもかなりきついです。
決められたことをこつこつと続けていくタイプの人には、難しい職業かもしれません。
逆に、自分で切り開いていくのが得意な人は、デメリットと感じる部分も、逆にやりがいとなってやる気などがわいてくるかもしれません。
どの自営業もですが、自分で仕事を行っていくというのは大変ですし、その分責任も重たくなると覚悟しておいた方がよいです。

Filed under: 未分類 — バラ 6:24 AM

遺言者について

遺言者は、遺言を残した人を指す言葉です。法的に効力を持つ遺言書は、遺言者が生前に作成しておくことで発揮されますが、一定のルールに則って遺言を残しておく必要があります。
遺言書は遺言者が生前に作成するものですが、自身で作成する場合には直筆である必要があり、日付と氏名、押印してあることが遺言書として認められる条件になります。ワープロで作成したものは無効です。なお、この自筆の遺言書は遺言者が死亡したあとに相続の開始がおこなわれたさいに家庭裁判所に提出してその検認を請求する必要があります。
一方で検認が不要なものとしては、公正証書遺言で公証人による証書作成を行ってもらう方法があります。このさいには証人2名が必要ですが、検認を受ける必要がありませんが、一方で遺言の内容を秘密にする秘密証書遺言では、家庭裁判所に提出しその検認を受ける必要があります。
遺言書を残すメリットは遺言者の財産相続などの意思を相続人に伝えることが可能であるという点です。特に財産相続では争いの種になりやすくいので、それらを防ぐメリットがあります。またその意思を公にし、文章として残すことで、スムーズに相続を済ませられるメリットがあります。

Filed under: 未分類 — バラ 6:24 AM

検認手続とは

遺言書の保管者は、相続開始後において遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出し、検認を請求しなければなりません。この手続のことを検認手続といい、民法1004条に規定されています。遺言書の保管者がいない場合には、相続人が遺言書を発見した場合に検認手続を行う必要があります。また、封印のある遺言書については、家庭裁判所において相続人またはその代理人の立会いがなければ開封することができません。なお、公正証書遺言については、検認手続を受ける必要がありません。

この手続は、遺言書の一種の保全手続であって、遺言の効力を判定するものではありません。すなわち検認とは、相続人に対して、遺言の存在やその内容を知らせ、遺言書の形状や加除訂正の状態、日付や署名など、遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するものです。

検認手続を経ずに遺言を執行したり、家庭裁判所外で封印のある遺言書を開封したりした場合には、民法1005条により過料の制裁を受けることがあります。しかし、その場合でも遺言の効力に影響はありません。

遺言書の検認手続は、遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てる必要があります。手続の前には、相続人に家庭裁判所より検認期日についての通知が届きますが、検認期日に出席するかどうかは各相続人の判断に委ねられています。したがって、相続人全員が出席しなくても構いません。

Filed under: 未分類 — バラ 6:21 AM

公証役場とその危険性について 

公証役場とは、シニア17公証人による公正証書の作成や私文書の認証(作成者が私文書を作成したものであることを公証人が証明すること)などを行う法務局が所管する官公庁です。
公証人は、実務経験を有する法律実務家の中から、法務大臣が任命する公務員です。
遺言の書き方は、厳格に決まっていて、遭難事故など特別なものを除けば、自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の3種類になります。
自筆証書遺言は、遺言者が作成・封印・保管をします。
秘密証書遺言は、遺言者自身が遺言を作成・封印をして、遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前にその封書を公証人に渡すと、公証人はこの封書の中の遺言は本人が書いたものであることを証明してくれます。
自筆証書遺言や秘密証書遺言では、遺言者自身が作成するので、法律の専門家でない者が作成した場合は、間違いが生じ、遺言が無効になる恐れがあり、また、相続人は遺言状を開封する前に、家庭裁判所で検認を受ける必要があります。
公正証書遺言は、公証人という法律の専門家が作成するので、遺言が無効になることはなく、家庭裁判所で検認を受ける必要もありません。しかし、公正証書遺言では、証人二人以上の立会のもと、公証人へ口授するので、証人には遺言の内容が知られます。
公証人や公証役場職員には守秘義務があり、秘密は厳重に守られますが、公正証書遺言の証人から遺言内容が漏れる危険性があります。

Filed under: 未分類 — バラ 6:20 AM

公証人と証拠

公証人は、関係者の間シニア16で法律上の紛争が起きないように、法律関係を整理し、証拠を保全しておく目的などのために利用される国家機関のひとつで、司法試験に合格した法曹有資格者や、その他法律事務に長年携わった人たちがこの職務に就いています。
公証人が作成した公文書は公正証書と呼ばれていますが、このような文書形式がよく用いられるケースとしては遺言書の作成が挙げられます。
遺言書は、遺言者の死亡した後、親族間で遺産をめぐる争いが発生するのを防ぐとともに、遺言者が生前に意図したとおりに遺産が分配されるようにすることを狙って書かれた文書です。
遺言書といえば自筆のものを思い浮かべますが、財産に関わるものであることから法律上の要件も厳しく規定されており、その要件にあてはまらないようなものをうっかり書いてしまった場合には、せっかくの遺言書が無効になってしまいます。
公正証書は、法律の専門家としての公証人が遺言者の意思を法律に則り正確に文書に落とし込んだものですので、無効になるおそれがほぼないといえます。
また、公証人のいる公証役場には確定日付印が備え付けられており、この日付印が押された文書は、日付に関して第三者に対抗する上での有力な証拠ともなります。

Filed under: 未分類 — バラ 6:15 AM

メリットについて

シニア15自由業者とは、弁護士を始め社会保険労務士、司法書士、行政書士、中小企業診断士、弁理士、税理士といった法律に関するエキスパートです。こういう業者は法律問題の解決や法的な証拠収集についてはエキスパートとされており、それぞれ個々の士業者に関する法律に則って協会へ登録料及び会費等を納付することで名称独占をして業務をすることができるようになります。
これらの資格取得のメリットは、第一には名称独占をして法律の知識を駆使したエキスパートとなれることです。会費等を納付した場合、全額が経費となることもメリットとなっています。また、士業者は積極的に人脈を広げて行くことをしています。人脈を広げるのには、ちゃんとしたメリットが在るからです。
人脈を広げる理由としては、仕事の依頼が増えることが期待できるからです。交流会等に出席したり、講師を引き受けてもらえる確率はどうしても向上するものといえますし、何よりも士業者という肩書きを持っている以上は信頼されるようになります。人脈が広がると、仕事の依頼が増えるだけでなくて有益な情報を取得できるチャンスに恵まれるということです。
士業者になることは、確かにメリットは大きいですが、それ以上にメリットを得るためには交流会へ積極的に参加して有益な情報を収集したり他人と交流して依頼を多く勝ち取って行くことにあります。交流会に参加した場合は異業種からの知識を吸収できて、それを仕事に活かして活躍の場が広がったという人がいるのでこれは注視して貰いたいものです。

Filed under: 未分類 — バラ 8:05 AM