手続きの煩雑さ

遺産相続や遺言書作成、または土地などの登記など、様々な手続きは手間や時間などもかかり、かなり難しくなっています。
専門的な知識がないと無理なことが多いため、一般的には士業である弁護士や司法書士、税理士、行政書士などに依頼することが主になります。

例えば、遺産相続となると何かと揉め事になりがちですし、大変複雑な手続きが必要となります。
被相続人が死亡してから7日以内に。死亡者の住所地の市区町村役場の戸籍係に死亡届を提出します。
その後、被相続人が遺言書を残しているかを確認し、ある場合は被相続人の最後の住所地を管轄している家庭裁判所に遺言の検認手続きの申し立てをして、家庭裁判所で開封する必要があります。

遺言書がない場合は、相続人間どうして遺産分割協議を行い、財産よりも負債が多いときには相続放棄、または限定承認をします。
ただ、相続放棄や限定承認は相続の開始を知ってから3か月以内に家庭裁判所に申し立てなければなりません。

また、相続人は相続開始を知った時から4か月以内に、相続人の連盟で被相続人のその年の1月1日から相続発生日までの所得について、所得税の申告も必要となります。
事業などを行っていると、大変手続きが煩雑となるので専門家に依頼した方がよいです。
相続だけでも、かなりの手続きが必要ですから、やはり士業関連の人に頼んだ方がスムーズに進みます。

Filed under: 未分類 — バラ 6:25 AM