遺言者について

遺言者は、遺言を残した人を指す言葉です。法的に効力を持つ遺言書は、遺言者が生前に作成しておくことで発揮されますが、一定のルールに則って遺言を残しておく必要があります。
遺言書は遺言者が生前に作成するものですが、自身で作成する場合には直筆である必要があり、日付と氏名、押印してあることが遺言書として認められる条件になります。ワープロで作成したものは無効です。なお、この自筆の遺言書は遺言者が死亡したあとに相続の開始がおこなわれたさいに家庭裁判所に提出してその検認を請求する必要があります。
一方で検認が不要なものとしては、公正証書遺言で公証人による証書作成を行ってもらう方法があります。このさいには証人2名が必要ですが、検認を受ける必要がありませんが、一方で遺言の内容を秘密にする秘密証書遺言では、家庭裁判所に提出しその検認を受ける必要があります。
遺言書を残すメリットは遺言者の財産相続などの意思を相続人に伝えることが可能であるという点です。特に財産相続では争いの種になりやすくいので、それらを防ぐメリットがあります。またその意思を公にし、文章として残すことで、スムーズに相続を済ませられるメリットがあります。

Filed under: 未分類 — バラ 6:24 AM